大変な騒ぎです!!

研削研磨業界のテストが多く通常の何倍もの廃液が出てくるとの
相談を受けました!!!

 

いつもの10倍はありバケツも足りず処理に困っている…

 

安心してください、小西です。

今日はそんな現場の声にこたえて、研磨排水処理を実施した内容を
お伝えしようと思います。

排水処理は突然に…

今回は研削・研磨業界の中でも研磨と言う分野にかかわる事例です。

研磨材と言うのはとても粒子が小さく、平均の粒径は1000分の1mmだそうです。
それを使った後の廃液を処理するとなると、さらに小さくなっており、処理が
大変だと言う話を聞きました。

 

いつもある一定の水処理を行う必要がありますが、だいたいは沈殿した
上水を捨て、残ったものを別途乾燥させて処理しているようですが、
今回はその10倍以上の排水が出てきたようで…

 

そんなにバケツ無いでしょ…
流せるわけないし、どうしたらいいんだ…

 

と言うところからお声がかかりました。

 

「小西~~~何とかして!!」

 

その一言で私が出動して水処理を行って一件落着と言う話です。

 

排水処理を毎日機械で処理していたり、沈殿処理していたりと
普段と変わらなければお声はかからなかったと思います。

今回は、特別テスト量が多く、研磨廃液がたくさん出た・・・
いわゆる緊急で処理が必要になったと言うことですね。

 

緊急の水処理!!

 

これがポイントですね。

いつでも同じように、同じ量の排水がでて、同じように処理していれば
何の問題もありません。

しかし、仕事をして入れば緊急ってよくあると思うんです。

 

工事現場であれば、突然のゲリラ豪雨
産廃に出していても、保管場所の確保が出来なかった
引き取り依頼してても、来るまでに容量オーバー

 

そんな経験がある人もいると思います。

 

だからこそ、緊急時に水処理グッズを持っておくと安心だと
思いませんか?

今回で言えば、緊急対策グッズとして『オイルフロック』を
もっていたのが幸い、緊急廃水の対処が出来ました。

 

せっかくなので、処理テストの動画も取っちゃいましたので
紹介します。

処理の状態やポイントを知っておく

やったことが無いとわからない大変さを伝えることはできませんが
処理のポイントをいくつか紹介しておきます。

このことを頭に入れて動画を見てみてください。

ポイント1:色の変化
ポイント2:処理不足の状態
ポイント3:フロックサイズ

それではこちらをどうぞ

 

反応が進むまでに時間が必要だったこと
反応し始めた時の色の変化
処理不足の状態
フロックの大きさの変化

この4つが動画をみて理解できたなら、初めて使うときでも
失敗確率はぐ~っと下がります。

 

と、その前に今水処理が必要になる環境だとして、処理したい汚水が
オイルフロックや水澄まいるで処理ができるかを確認しておかなければ
なりません。

今なら無料でサンプルをプレゼントしているので自分で試してみませんか?

⇒『水澄まいる無料サンプルプレゼント

⇒『オイルフロック無料サンプルプレゼント

 

使えるなら持っておいて損はありません。

色々使ってみたいからサンプルじゃなくて買うよ!!
どこから買うの?

と言った質問を最近よく受けるので、どこで買えるのか、どうやって買うのか
簡単にご説明いたします。
ご都合のよい方法でOKですよ!!

⇒『凝集剤の買い方

 

最近好評のLINE@質問コーナーへの登録もお待ちしてます。

限定特典がありますので、欲しい場合は超ラッキーです。
⇒『友達登録限定プレゼントについて

こちらから直もOKです!
※限定プレゼントはついてきますよ
友だち追加
 

【期間限定特別情報】

凝集剤.comにお越しいただきありがとうございます。
期間限定の特別情報はこちら!

1.今だけ無料でサンプルプレゼント中。
詳細は下記よりどうぞ!!
 
泥水処理はこちら⇒『水澄まいる無料サンプルページ
油交じりの水は ⇒『オイルフロック無料サンプルページ

 
 
2.凝集剤選び方ハンドブック(非売品)LINE@友達限定でプレゼント中!
 最新情報お得な情報をいち早くお届けいたします!

 ご相談・ご質問も小西がお答えいたします!

友だち追加

 

3.弊社での廃液処理テストをご希望の方はこちら
⇒『廃液テスト依頼ページ

4.ついに登場!!凝集剤.com専用販売サイト『YMI-NET』

代引きできます。凝集剤.com専用販売サイト YMI-NET